【Vue.js】<script setup>構文がすごくすごい

Vue.js 3.x から `<script setup>` 構文が使えるようになりました。これは単一ファイルコンポーネント(SFC)内で Composition API を使用している際に使える糖衣構文です。下記のようなメリットを得ることができ、公式からも使用が推奨されています。

Vue2のプロジェクトをVue3へマイグレーションする

Vue 3が正式リリースされてから約1年が経過しました。 Vuetifyのリリース目標である2021年Q3も近づく中でそろそろVue3へのアップデートを検討されている方もいらっしゃることでしょうか? この記事ではVue 2からVue 3への移行手順を記述していきます。

【Vue.js】Mixinを使うのはもうやめよう

禁止まで言ってしまうとなんだか強い言葉のように聞こえてしまいますが、mixinは基本的にあまり良いアプローチとは考えられません。 実際に、Reactにも過去にはMixinが存在していましたが現在は廃止されています。

あの日見たaxiosの機能を僕達はまだ知らない。

axiosは、JavaScriptにおけるHTTPクライアントのデファクトスタンダードといえるでしょう。 Promiseベースで非同期通信を行えるHTTPクライアントとして、ブラウザ標準のfatchやjQuery.ajaxなどがありますが、特にaxiosがよく使われているのには豊富なオプションや設定に理由付けられるでしょう。 axiosの機能について私のように詳しくなくても直感的にHTTPリクエストを送れるのも良い点の1つですが、せっかくなのでaxiosでどのようなことができるのがを見ていきましょう。

青春JSDocはTypeScript先輩の夢を見ない

時には、TypeScriptという概念が存在しない退屈な世界で開発を行わなけらばならない状況はあるでしょう。私はもはやキーボードでタイピングすることすらままなりません。 そんなJavaScriptしか利用できない状況で代替手段となるのが、JSDocです。JSDocのアノテーションによって型を付与することによって最低限の支援を受けることができます。

【TypeScript】型定義をする際にもDRY原則を適応させる

DRY原則は非常に有名な原則ですし、普段から特に考えずとも自然と重複をさけるようなコードを書いている方も多いことでしょう。 とはいえ、TypeScriptにおいて`interface`や`type`などを用いて型定義を行う際に重複した型定義を行ってしまうことはないでしょうか? TypeScriptには型定義をする際に重複を抑える手段は確かに存在します。そのようないくつかの方法を紹介します。

Jest setTimeout()のようなでタイマー関数をテストする

JavaScriptには、setTimeout()のような時間に関する便利な機能が用意されています。しかし、これらの関数はユニットテストを記述する際に厄介です。Jestのタイマーモックはこのような場合に利用できる便利な機能です。